-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「色のり」を教えてくれたカメラ

「色のり」を教えてくれたカメラ-1-
OLYMPUS 35DC / FUJI RVP 100

レンズのいわゆる「色のり」を教えてくれたカメラが、「OLYMPUS 35DC」です。

「Konica BiG mini NEO」はずいぶん前に卒業し、
「RICHO XR500」も卒業して「PENTAX MZ-3」を使うようになっていましたが、
そんなある日、このカメラで撮った一枚の写真に衝撃を受けました。

線の細さに加えて透明感のある写真。
「OLYMPUS F.ZUIKO 40mmF1.7」でしか撮れない写真でした。


「色のり」を教えてくれたカメラ-2-
OLYMPUS 35DC / FUJI RVP 100

ポジフィルムでもすばらしい色のりで期待に応えてくれますが、
ネガフィルムとの相性が抜群にいいと思っています。
またその写真も改めてご紹介します。

2007年10月撮影

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/14(水) 22:35:57|
  2. OLYMPUS 35DC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<跨線橋で立ちどまる | ホーム | カーテンの色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://photobreak2.blog107.fc2.com/tb.php/42-fa1ee05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。