-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連尺交差点とゆりの木通り(浜松市)

連尺交差点とゆりの木通り(浜松市)
OLYMPUS TRIP35 / KODAK ROYAL GOLD 100

浜松市の中心街の北端を走る「ゆりの木通り」は、かつての東海道です。
市役所前を通る「大手通り」と交差する連尺交差点からの眺め。

右側の立派なビルは、清水銀行。
中央左側には、今は無きあさひ銀行の赤い看板。
その隣にそびえる茶色のビルは、ビオラ田町。

ビオラ田町には、かつて家電のJoshin(上新電機)が入居していました。
すぐそばにはタルトやケーキがおいしい「キルフェボン」があって、これはまだ健在。

信号待ちの遠鉄バスは、蜆塚・佐鳴台方面行き。
遠くには、ゆりの木通りをまたぐ遠州鉄道の高架が見えます。

いつの間にか、9年近くも前の風景になりました。

(2001年1月)

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/30(金) 01:09:03|
  2. OLYMPUS TRIP35
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浜松市

浜松市-1-
OLYMPUS TRIP35 / KODAK ROYAL GOLD 100

浜松市は楊子町のマンションからの撮影。
このマンションに住んでいたわけではありません。
2001年1月、この景色を見たくて登りました。

夕暮が近い冬晴れの空の下、アクトタワーがひときわ高くそびえています。
手前のグラウンドは竜禅寺小学校、名鉄パレの手前は駅南団地でしょうか。

右下を流れるのが、馬込川。


浜松市-2-
OLYMPUS TRIP35 / KODAK ROYAL GOLD 100

馬込川を上流に向かって俯瞰すると、手前の大浜橋をはじめ、たくさんの橋が架かっている様子がわかります。

この町でカメラを覚え、たくさんの写真を撮りました。
浜松市は我がカメラ人生の故郷なのです。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/26(月) 01:44:12|
  2. OLYMPUS TRIP35
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ほどよくカメラまかせに撮ってみる

ほどよくカメラまかせに撮ってみる
Nikon mini AF600QD / FUJI RVP100

たとえば、
背景が白いから露出をプラス補正するだとか、開放絞りでやわらかく撮るだとか。
そういう余計なことを考えずに、気になるもの、気になる色を見つけたらシャッターを切る。

そうは言っても、オートフォーカスなので、パンフォーカスの「EE-3」よりは少し、気を使って。

ほどよくカメラ任せにスナップを楽しむことができる、そんなコンパクトカメラが好きです。

(2008年8月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/12(月) 21:41:55|
  2. Nikon Mini AF600QD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

能古島にさよならを

能古島にさよならを-1-
PENTAX LX / M28mmF2.8 / KODAK EB-3

能古島の最終話。

2009年3月下旬に撮影して、5月の第1話から半年近くかかりました。

夏をとおり越して、この写真を撮った頃と同じように、夕方には肌寒い季節になりました。


能古島にさよならを-1-
PENTAX LX / FA43mmF1.9 Limited / KODAK EB-3

白猫と黒猫の背中に、能古島にさよなら。

東京に来て、半年が過ぎました。


(能古島シリーズ)

第1話  静かに咲く能古島の桜

第2話  能古島のスズランスイセン

第3話  能古島のユキヤナギ

第4話  見上げる桜、見つめる桜。

第5話  能古島で出会った猫

第6話  能古島の色

第7話  能古島の恩人

第8話  能古島スタイル

第9話  能古島の見張番

第10話  能古島は暮れ行く

第11話  能古島の夕陽

第12話  能古島にさよならを

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/11(日) 22:02:04|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北海道の蕎麦畑

北海道の蕎麦畑-1-
PENTAX MZ-S / DA70mmF2.4 Limited (1/2000秒/F3.5) / FUJI RVP100

北海道の蕎麦畑-2-
PENTAX MZ-S / DA70mmF2.4 Limited (1/350秒/F5.6) / FUJI RVP100

なにもかもが、絵になります。

こんな大地を毎年、2週間も自転車で走っていました。

贅沢な青春でした。

(2009年7月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/09(金) 01:10:41|
  2. PENTAX MZ-S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夜の雑貨屋のショーウィンドウ

夜の雑貨屋のショーウィンドウ
PENTAX LX / FA43mmF1.9 Limited / FUJI RVP100

1年前の秋に歩いた夜の長崎市。

ガラス細工を撮ろうとするファインダーの中で、店員さんと目が合ったような気がしました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/04(日) 22:49:56|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会いのチャンス(夕焼け編)

出会いのチャンス(夕焼け編)
PENTAX MZ-3 / FA20-35mmF4AL / KODAK GOLD100

1999年夏の夕焼け。

学生の頃は、夕焼けとの出会いのチャンスがたくさんありました。

社会人と言うか勤め人になると、夕焼けとの出会いがめっきり減ります。

でも、学生の頃に夕焼けを存分に堪能したので、
今は今で、時どき出会う夕焼けに慌ててカメラを取り出すこともなく、のんびりと夕焼けを眺めて満足しています。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/10/03(土) 11:05:44|
  2. PENTAX MZ-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。