-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2009年は丑年

2009年は丑年
MINOLTA XE / MC TELE ROKKOR-PF 100mmF2.5 / FUJI RVP 100

ねずみ年に撮った牛。

年賀状に自作のゴム版を使い始めたのが、確か1990年。
午(うま)の絵を彫った記憶があります。
それ以来、かれこれ18年が経ちました。

今年もやっぱり、ゴム版で牛の絵を彫りました。
そして宛名もやっぱり手書き。

完全にアナログ、と言うよりもむしろ手作りの年賀状。
いつまで続けられるのか、と思い続けて18年。
気づけば、時代はいつの間にか情報化社会、デジタル社会になっていました。

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/27(土) 01:33:35|
  2. MINOLTA XE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

筑後川には空が似合う

筑後川には空が似合う
PENTAX LX / M35mmF2.8 / FUJI RVP100

川を見て育ち、川を渡って中学、高校に通っていました。
川を見ると落ち着き、渡ってみたくなる性分なのは、そのせいなのかもしれません。

昇開橋から眺める筑後川。
がとてもよく似合う川だと思います。

2008年11月。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/23(火) 11:21:53|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロツメクサがおもちゃだった

シロツメクサがおもちゃだった
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

小さなころ、シロツメクサがおもちゃでした。

田んぼや畑に咲き誇るシロツメクサを摘んで、首飾りや冠をつくっていました。
首飾りをつくろうとすると、20本や30本ではぜんぜん足りないので、
やっぱり相当な数のが咲いていたんだと思います。

2008年11月下旬のシロツメクサ。
と、遠くには毘沙門山。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/21(日) 23:17:05|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

路面電車の走行音が響くまち

路面電車の走行音が響くまち
PENTAX LX / M28mmF2.8 / FUJI RVP100

路面電車が好きです。

豊橋で初めて路面電車に乗ったときの喜びをいまだに忘れられません。
小樽のまちを疾走する路面電車も、福井の路面電車も、乗っていないけれどいい思い出です。
富山と広島の路面電車には乗りました。高岡では乗れませんでした。
都電にも乗りに行きました。鹿児島と熊本でもたくさん乗りました。

長崎のまちを走る路面電車。夕暮れどきです。
路面電車の走行音は独特で、たとえ振り向かなくても、
「あ、路面電車が来たな」と、心の隅っこでいちいち意識させられる力があります。

バスのそれとは違って、心地よい意識のさせられ方だと思っています。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/20(土) 20:20:53|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「MC TELE.ROKKOR-QF 200mmF3.5」の世界

「MC TELE.ROKKOR-QF 200mmF3.5」の世界
MINOLTA X-700 / MC TELE.ROKKOR-QF 200mmF3.5 / KODAK EBX

40年近く前のレンズが描く、不思議な世界。

発売は1970年と古く、「MC W.ROKKOR-SG 28mmF3.5」とともにジャンク品として手に入れました。
小さなカビがあるだけで、経てきた年月を考えると、ジャンク扱いながらもかなり良好な状態です。

日ごろは「PENTAX K10D」の手ぶれ補正機能に頼りきっているものだから、
そんな機能がないカメラで、久しぶりに200mmレンズを手持ちで撮ると緊張します。
もっとも、この緊張感も大いに楽しんでいるのですが。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/18(木) 22:00:23|
  2. MINOLTA X-700
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

腕試し?運試し?

腕試し?運試し?
OLYMPUS PEN EE-3 / KODAK EBX

No.5はISO200、No.5AはISO400の設定で撮っています。

フィルム「KODAK ELITE CHROME Extra Color 100」はISO100なので、
この撮り比べを見る限りでは、やっぱり一段強のマイナス補正がいいみたいです。
そのままだと露出がオーバー目になってしまいますね。

手元にあるEE-3の製造年はわからないけど、20~30年が経過していることには違いなくて、
それで一段くらい露出がずれる程度ならとても立派な性能だと思います。

この露出のずれをどう補うか。
腕試しでもあり、運試しでもあって、現像するまでドキドキワクワクです。

テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2008/12/16(火) 23:41:44|
  2. OLYMPUS PEN EE-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

贅沢レンズと歩く

贅沢レンズと歩く-1-
MINOLTA X-700 / MC ROKKOR-PG 58mmF1.2 / KODAK EBX

とろけるようなアウトフォーカスがたまりません。

絞りは2.0、シャッター速度は最高の1/1000で撮っています。
日中のスナップでは、開放絞りで撮るチャンスはめったにありません。


贅沢レンズと歩く-2-
MINOLTA X-700 / MC ROKKOR-PG 58mmF1.2 / KODAK EBX

この「MC ROKKOR-PG 58mmF1.2」は、所有しているミノルタのレンズの中で最も高級なものだと思います。

レンズの塊でずっしりと重く、「F1.2」を必要とすることもほとんどなくて、
2002年に手に入れて以来、宝の持ち腐れ状態の一歩手前かもしれません・・・。
でもたまにこうやってスナップに持ち出すと、それはとても贅沢な時間になるんです。

デザインは「XE」との相性がいいけれど、
実際の撮影では、ファインダーが見やすくてピントをつかみやすい「X-700」で使うほうがいいですね。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/14(日) 12:34:21|
  2. MINOLTA X-700
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「MC W.ROKKOR-SG 28mmF3.5」の味

「MC W.ROKKOR-SG 28mmF3.5」の味
MINOLTA X-700 / MC W.ROKKOR-SG 28mmF3.5 / KODAK EBX

1968年発売のレンズと、40年の時を経てめぐり合いました。

新宿のカメラ店でジャンクとして2千円で売られていました。
前玉に細かなすり傷が目立つ以外には光学系に問題はなく、
趣味のお試しレンズとして購入、福岡まではるばる持って帰ってきました。

ちょっとだけ手入れをして、さっそくリトルカブ君と写真散歩。
背景の自然なボケ、やっぱりロッコールならではの味だと思います。
前玉のコーティングが剥げ気味なのが理由なのかどうかわからないけれど、
陰になった山の潰れ方が極端で、それもあってドラマティックな絵になりました。

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/13(土) 22:42:15|
  2. MINOLTA X-700
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2000年の栂池高原

2000年の栂池高原
YASHICA FRⅡ / CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm f2.8 / TREBI100

9年近くも前になってしまいました。
2000年3月の栂池高原スキー場にて。

「YASHICA LENS DSB50mmF1.9」と
「CONTAX Carl ZeissSonnar T* 135mm f2.8」を
ウエストバックに入れ、スキー場でスナップをしていました。

防滴機能はもちろんのこと、マニュアル露出機能もない絞り優先AE専用機の「YASHICA FRⅡ」。
そんなカメラにリバーサルフィルムを入れて白銀の世界を撮ろうとは、いま思うとなかなかの挑戦者でした。

写真のモデルは、一緒に滑った友人。
スキーに行きたくなる笑顔だと思いません??

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/12(金) 23:50:50|
  2. YASHICA FRⅡ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西向きの部屋

西向きの部屋
PENTAX MZ-3 / FA28-80mmF3.5-5.6 / FUJI RDPⅡ

はじめてのひとり暮らしは、西向きの部屋でした。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/10(水) 22:25:10|
  2. PENTAX MZ-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しくも奇妙に秋めく夕暮れ

美しくも奇妙に秋めく夕暮れ
PENTAX LX / M35mmF2.8 / FUJI RVP100

九州の秋。
美しい田畑にうっすらと色づく々。
夕日が橙色に染めつつあります。

の向こうに続く送電線の鉄塔が不気味です。
よく見ると、畑の色も普通ではありません。
空の色も、夕暮れ時にしては青々とし過ぎている気がします。

秋は冬との境目。夕暮れは夜との境目。
子供の頃に感じたこの時期この時間帯の胸騒ぎは、
たとえばこんなことだったのかもしれません。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/09(火) 23:50:23|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

PEN EE-3で撮る犬のつぶらな瞳

PEN EE-3で撮る犬のつぶらな瞳
OLYMPUS PEN EE-3 / FUJI RVP 100

以前のエントリー「舞鶴スナップ」でも登場してもらった君です。
そのつぶらな瞳があまりにもかわいいので、あらためて。

久しぶりに、「PEN EE-3」でスナップを楽しんでいます。
勢いあまって36枚フィルムを入れたからなかなか撮りきれません。笑
ISO100のフィルムですが、露出がオーバー気味になるのでISO200にセットして撮っています。

テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2008/12/07(日) 00:17:59|
  2. OLYMPUS PEN EE-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江差で夕焼けを眺めていた

江差で夕焼けを眺めていた-1-
PENTAX MZ-3 / FA28-80mmF3.5-5.6 / FUJI RDPⅡ

1999年の江差。
8月、サイクリング部の夏ツアーで立ち寄りました。


江差で夕焼けを眺めていた-1-
PENTAX MZ-3 / FA28-80mmF3.5-5.6 / FUJI RDPⅡ

8月14日に函館集合、奥尻島や積丹半島を走って、23日に小樽解散。
江差はその3日目の宿泊地だったのです。
この頃の話もまた、いずれ。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/06(土) 14:19:50|
  2. PENTAX MZ-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

浜松市動物園のヤギ

浜松市動物園のヤギ
PENTAX MZ-3 / FA28-80mmF3.5-5.6 / FUJI RDPⅡ

1999年11月の浜松市動物園のヤギ。

ヤギの話をしていて思い出しました。
もう9年前にもなりますが、たしかそんな写真を撮ったなーとフィルムを引っ張り出して、懐かしくて複写してしまいました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/06(土) 10:58:00|
  2. PENTAX MZ-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子ヤギが草を食む風景

子ヤギが草を食む風景
PENTAX MZ-S / FA43mmF1.9 Limited (1/250秒/F5.6) / FUJI RVP100

福津市勝浦で出会った子ヤギ。

懐かしい空気が流れて心が和む風景ですが、2008年の撮影です。
よく見ると首輪をしているから、近所の家で飼われているようですね。

その昔、小学校低学年の頃に飼っていたウサギの「ぴょんた」を思い出します。
この子ヤギのように真っ白でかわいくて、歩く足もとにすり寄ってきてくれました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/06(土) 01:50:09|
  2. PENTAX MZ-S
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。