-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1月の有田町散歩

1月の有田町散歩-1-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

有田町を散歩したのは、2008年の1月。

冬だからでしょうか、お土産屋さんにあまり人気はありません。


1月の有田町散歩-2-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

でも、おかげでゆっくりと散歩できました。

福岡市から有田町までの交通手段は、Litlle Cub君。

くもりの、寒い日でした。

(2008年1月)

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/12(日) 19:14:10|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

季節はすすむ

季節はすすむ
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

なんだか、あっというまに秋が過ぎ去ってしまいそうな気がします。

夏と冬は、とても長く感じるのに。

(2008年11月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/19(水) 19:16:56|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポケットフィルムの秋

ポケットフィルムの秋-1-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

ポケットフィルム(110フィルム)で撮った秋。

2008年の福岡県は旧前原市の神社。色づく木と、傾いた太陽の光。


ポケットフィルムの秋-2-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

2010年の秋、ポケットフィルムはすでに販売が終了し、前原市の名はもうないけれど、
この写真を撮ったときはそんなことはまだ知らず、知らないままに何気ない秋の写真を
撮っておいてよかったです。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/05(火) 00:17:13|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏のような冬の青空

夏のような冬の青空
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

真夏の青のようですが、去年の11月末の写真です。

今日の東京も、すっきりときれいな青でした。

去年の青をのんびりと思い出す、そんな土曜日。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/21(土) 21:48:27|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

淡い彩り

淡い彩り
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

なんという名前の植物なのでしょう。
淡い色のかわいい花を咲かせています。

小学生の頃は、溝の中をよく歩いたものです。
(もちろん水がないときに)

そのときは、たとえばこんな植物に気づくことはなかったけれど、
溝の中を歩かなくなると、こんな植物に目がとまるようになりました。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/12(木) 22:51:08|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空を撮りたくなるカメラ

空を撮りたくなるカメラ
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

小さくて軽いからでしょうか。
思わずを見上げてしまうカメラです。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/02/02(月) 20:44:27|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

有田町の狛犬はゆるやかな時の流れの中

有田町の狛犬はゆるやかな時の流れの中-1-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

有田町の「陶山神社」には、陶磁器製の狛犬がいます。
愛嬌があるようなないような不細工な顔。
独特の味があるようなないような。


有田町の狛犬はゆるやかな時の流れの中-2-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

時が止まったかのような静かな路地が続き、
しかしよく見ると少しずつ確実に、時はゆるやかに流れています。
その証が、狛犬の台座の破損であったり、電燈の錆であったり、石垣の苔であったり。


有田町の狛犬はゆるやかな時の流れの中-3-
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

この写真を撮ったのはちょうど1年前ですが、
そのゆるやかな時の流れのせいでしょうか、つい昨日のことのような気がしてなりません。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/01/08(木) 00:19:58|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

シロツメクサがおもちゃだった

シロツメクサがおもちゃだった
PENTAX auto110 / PENTAX-110 18mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

小さなころ、シロツメクサがおもちゃでした。

田んぼや畑に咲き誇るシロツメクサを摘んで、首飾りや冠をつくっていました。
首飾りをつくろうとすると、20本や30本ではぜんぜん足りないので、
やっぱり相当な数のが咲いていたんだと思います。

2008年11月下旬のシロツメクサ。
と、遠くには毘沙門山。

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/21(日) 23:17:05|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

佐世保線と有田町

佐世保線と有田町
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

有田町は名前こそ全国区ですが、ごく普通の土曜日は静かに時間が流れる小都市です。

佐世保線を電車が走る音が、時おり有田の町に響き渡ります。

そのうち電車が走ってくるんだろうけど、でもしばらくは走ってこなさそうな、そんな雰囲気が大好きです。

テーマ:110カメラの写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/27(水) 23:48:55|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有田猫

有田猫
PENTAX auto110 / PENTAX-110 24mmF2.8 / FUJICOLOR SUPER G100

2008年1月、ついに110フィルムに戻ってきました。

中学生の頃に使っていた110フィルムが懐かしくなり、2007年暮れから再デビューの機会を窺っていました。
ふらっと立ち寄った佐賀県内のカメラ店で、ペンタックスの110一眼レフカメラ「auto110」を見つけ、衝動買いしました。
その場で電池とフィルムをセットして、有田町でスナップを楽しみました。

「auto110」はシャッターボタンのあそびが少なくて、わりと暴発気味なのが楽しいです。

テーマ:110カメラの写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/02/26(火) 20:27:34|
  2. PENTAX auto110
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。