-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4年前のクリスマス

4年前のクリスマス
MINOLTA TC-1 / FUJICOLOR N-1600 (NATURA 1600)

クリスマスを数日後に控えた屋さん。
4年も前ということに気づいて、頭がクラクラしました。

そして、この「MINOLTA TC-1」を手に入れたのも、同じく4年前。
でも不思議なことに、もっと前から持っているような気がします。

なぜかしらん?

(2009年12月)

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/15(日) 17:36:18|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の陽射し

秋の陽射し
MINOLTA TC-1 / KODAK EBX

急に秋めいてきました。

日陰を半袖で歩くと少し肌寒いけれど、
日なたに出ると、また日陰に入りたくなるくらいに暑さを感じます。

そんなことを考えながら散歩の距離がついつい延びて、足がだるくなります。
2年前の西新宿も、たしかそんなふうに、少々歩き過ぎました。

(2009年10月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/09/24(土) 17:37:37|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電車が寝静まった冬の夜に

電車が寝静まった冬の夜に
MINOLTA TC-1 / FUJICOLOR N-1600 (NATURA 1600)

ちいさなカメラで、そっと一枚。

夜の車両基地は、静かですこし不気味。

動かない夜の電車は、すこし遠い存在。

(2009年12月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/06/03(金) 02:11:50|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TC-1で撮る安心感と充実感

TC-1で撮る安心感と充実感
MINOLTA TC-1 / KODAK EBX

露出補正をしたのかもしれませんし、完全にカメラにお任せだったような気もします。

どっちだか思い出せませんが、「逆光だけどきっとちゃんと撮れるはず」と、
不思議な安心感と、写真を撮ったという充実感があったことを覚えています。

そんな気分を味わえるのは、このカメラがいわゆる「高級コンパクト」だからでしょうか?

高級というのが価格のことではなくて、つまりこういうことだとしたら、とても納得です。

(2009年10月)

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/07/15(木) 00:26:38|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

踏切を渡る、密かな楽しみ

踏切を渡る、密かな楽しみ
MINOLTA TC-1 / KODAK EBX

踏切をわたるとき、踏切の真ん中で立ち止まって、左右の景色を見るのが楽しくて。

西武多摩川線は、単線です。

(2009年10月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/12(土) 14:25:44|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

MINOLTA TC-1

MINOLTA TC-1
MINOLTA TC-1 / KODAK EBX

こんな高級コンパクトカメラを手に入れられるとは、思っていませんでした。

思っていなかったけれど、密かに掘り出し物を狙っていました。

狙い始めて2年ほど経った昨秋、とうとう手に入れました。

とてもきれいな青色です。

(2009年10月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/06/07(月) 00:45:47|
  2. MINOLTA TC-1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。