-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「KONICA C35EF」で撮るコスモス

「KONICA C35EF」で撮るコスモスとリトルカブ
KONICA C35EF / FUJI SP400

初めて自分の意思でカメラを買ったのは、大学に入学して間もない頃。
35-70mmの2倍ズームレンズを搭載したコンパクトカメラの「Konica BiG mini NEO」でした。

なぜ「Konica BiG mini NEO」を選んだのか、もう10年以上も前のことなので確かな理由は忘れてしまいましたが、きっとデザインと値段だったと思います。
写りについてアレコレ言うこと自体を知らなかったこともありますが、何も考えずに、自分で買ったマイカメラとして気に入って使っていました。
いま思い出してみると、写りは決して悪くなかったと思います。

そういったわけで、コニカには愛着があります。
「KONICA C35EF」が525円で売られているのを見かけ、ついつい買ってしまいました。
モルトの張り替えくらいしか手入れをしないまま、初めて通したフィルムでコスモスを撮りました。

晴れているけれど被写界深度は浅く、背景のコスモスがきれいにぼけています。
フィルム写真のよさをよく引き出してくれているような気がしますが、いかがでしょう?


「KONICA C35EF」で撮るコスモスと青空
KONICA C35EF / FUJI SP400

このカメラに搭載されているのは、「HEXANON 38mm F2.8」。
最短撮影距離(1m)で撮っていますが、素直でやさしい写りです。

青空にコスモスが写り、画面下が光線引きのようになっていますが、実は多重露光になっています。
意図したものではなくて、かといってカメラのトラブルでもありません。他のカメラに入れていたフィルムを途中で巻き戻して使ったからです。
本当はもうひとコマ送らないといけなかったのですが、これはこれでおもしろい写真になったと思っています。



KONICA C35EF
PENTAX K10D / FA50mmF1.4 (1/8秒/F4.0/感度800)

プラスチック多用で質感はあまりよくありませんが、ヘキサノンレンズと露出が優秀なので、写真遊びを楽しむには十分な実用機です。

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/08(土) 23:44:52|
  2. KONICA C35EF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。