-Photo Break- 昔話しましょ

フィルム写真を見ながら・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春の可也山と瑞梅寺川

春の可也山と瑞梅寺川-1-
MINOLTA XE / MD ROKKOR-X 45mmF2 / FUJI RVP 100

春の糸島半島には青々とした畑が広がり、遠くには少し霞みがかかった可也の美しい姿。

この景色を眺めながらエンペラーでポタリングする贅沢!


春の可也山と瑞梅寺川-2-
MINOLTA XE / MD ROKKOR-X 45mmF2 / FUJI RVP 100

瑞梅寺川の土手には、冬と春が同居していていました。

右奥に見える特徴的な形のは、毘沙門だと思います。
冬場に近くに行くと、その荒涼とした雰囲気に圧倒されます。

スポンサーサイト

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/28(火) 00:38:22|
  2. MINOLTA XE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

可也山と冬の空

可也山と冬の空
Canon AF35ML QUARTZ DATE / KODAK EB-3

熊野神社がある今(80.8m)から眺める可也

東京に比べるとずいぶん日が長い福岡ですが、さすがに冬の曇りの日は、知らぬ間に日が落ちていきます。
そして、福岡の冬は想像したよりもしっかり寒いのです。

晴れた日の姿は、「可也(365.1m)」 で。

(2009年1月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/03(金) 01:14:41|
  2. Canon AF35ML QUARTZ DATE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糸島半島の思い出

糸島半島の思い出-1-
PENTAX LX / M50mmF1.7 / KODAK EBX

リトルカブ君で、冬の糸島半島を巡りました。

朝もやがかかる風景を、ウエストレベルファインダー(FF-1)を初めて使って撮ってみました。


糸島半島の思い出-2-
PENTAX LX / M50mmF1.7 / KODAK EBX

暖かい糸島半津では、季節外れのコスモスが咲いていました。

ウエストレベルファインダーを使うと、視線が自然と低くなります。


糸島半島の思い出-3-
PENTAX LX / M50mmF1.7 / KODAK EBX

ゼラニウムも咲いていました。

ピントあわせが難しく、ファインダーに映る画像が左右が反転しているので、構図もなかなか思うように決まりません。

でも、もちろんそうやって、いつもと違う撮影方法を楽しんでいたのでした。

(2009年1月)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/16(日) 23:04:52|
  2. PENTAX LX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空飛ぶEE-3

空飛ぶEE-3
OLYMPUS PEN EE-3 / FUJI RVP 100

確かな記憶ではないのですが、国東半島上だったと思います。

この日はとても素晴らしい青

とても贅沢なの散歩でした。

(2008年12月)

テーマ:ハーフサイズカメラ - ジャンル:写真

  1. 2010/03/27(土) 23:32:50|
  2. OLYMPUS PEN EE-3
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009年

2009年
Nikon mini AF600QD / KODAK EB-3

2009年は、忘れられない1年になりそうです。

本年もよろしくお願いいたします。

(2009年3月/福岡)

テーマ:銀塩写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/01/04(月) 01:08:27|
  2. Nikon Mini AF600QD
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

itokawa

Author:itokawa
大阪府生まれ。京都府育ち。
静岡県、東京都、福岡県を経て、
平成21年4月から2度目の東京生活。


デジカメ写真はコチラです↓
-Photo Break- 写真休憩しましょ



カテゴリー

タグ

自家現像   カメラ    電車   

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。